株主優待を見極めて株を決めよう

株主になると必ずもらえるのが、株主優待。ファストフードから高級ホテルまで、その株主優待の中身は様々です。ここではできるだけ多くの株主優待についてご紹介していきます。

高級ホテルの写真

株主優待券でみるオススメの株

お金がたくさんあったらいいなあと誰でも一度は思うことですが、株で儲けるのは、リスクが大きいから怖くて手を出せないでいるという人が多く、株をやる勇気はないと敬遠している人には、10万円以下で購入できて、株主優待がある銘柄で楽しむことがおすすめです。
優待目的とは言っても、配当があったり、値上がりすることも期待できるので、大きな儲けはないかもしれませんが、超低金利の現代では、賢い投資の仕方であり、リスクも比較的少ないのでおすすめです。
優待は、企業を応援してくれて投資してくれている人に対するお礼のようなもので、実際の商品が送られてきたり、優待券や割引券、商品券などが送られてくることが多く、楽しみにしているという人も多いのです。
株主優待を目的のひとつとして、株を購入するなら、自分が好きな商品やサービスがある企業の株を購入すると良いでしょう。
お気に入りの企業を応援する意味でも、優待の特典をもらって嬉しい企業に投資することが楽しむこつです。
たとえば、女性ならお気に入りのコスメや良く購入するアパレルメーカー、スイーツなどの企業なら、優待を存分に活用することができます。
また、好きなレストランや回転ずし、飲料などの企業株は、ファミリーにオススメです。
年に1回から数回優待券や割引券、引き換え券などが送られてくるので、家族の楽しみとして活用できます。
ファストフードやカラオケなど、調べてみるとお得な優待制度が充実している企業がたくさんあり、小額投資できる場合も多いので、無理のない範囲で少しずつ、いろいろな株を持つことで、楽しみが増える購入の仕方がオススメです。
自分に身近なお気に入りを探してみることから始めると良いでしょう。

面白い株主優待

テレビ番組などでも優待で楽しんでいる人の紹介がされています。
株をすれば損をすることもあり、最初は思い切りが入りますが、まずお好みの優待を探して楽しんでみるのはいかがでしょうか。
いろいろなものがありますが、面白い優待とはどんなものがあるのでしょう。
例えば「アサヒグループホールディングス」は100株以上1,000株未満は1,000円相当のグループ商品詰め合わせ等が、
1,000株以上2,500円相当の詰め合わせ等が貰えます。
選択できるようになっていてその一つに限定特製ビールがあります。これは非売品なのでビールが好きな人には嬉しいですね。
ビール以外にも選択できるので毎回選ぶのが楽しみになりそうです。おもちゃが好きな人は「タカラトミー」の優待が面白いです。
保有数によってトミカ2台セット、4台セット、また、2,000株以上保有していればトミカ4台セットに特別仕様「リカちゃん」が貰えます。これもプレミアとして嬉しい優待です。
その他にも、ジャンボ宝くじが貰える会社や、限定CDや限定DVD、限定使用の筆記用具など、面白くてファンにはたまらない優待があります。
自分が好きな商品を販売している会社の株を持つことで、もっと親しみがわきますし、その上嬉しい優待の商品が貰えるとなるとお得感があります。
「イオン」では商品ではありませんが、イオンにある専用ラウンジが無料で利用できたり、持株数によってイオンで消費した金額の3%から7%のキャッシュバックします。
いつもイオンで買いものをする人にとってはとてもお得なので主婦に人気の優待です。こちらは長期で持っていれば持つほどお得になります。
このように、面白いものからお得になるものまである優待は楽しいです。
まずは優待から初めてみるのはいかがでしょうか。

株主優待がない株も存在する

株主優待がない株が存在するのは、ごく普通のことです。
むしろ世界的に見れば、あるほうが珍しいと考えておかなければなりません。
どちらかというと日本の独特の文化だと考えられます。そもそも、株に投資をする目的は、優待の何かをもらうことではないでしょう。
資産を増やすことが目的のはずですから、優待のためにコストをかけるのなら、配当金を増やせという株主の要求の方が強いのが世界的なスタンダードです。
ですから、ないほうが普通だという感覚は必要です。では、なぜこのような優待の制度があるのかというと、企業にメリットがあるからです。
例えば、安定を確保するためだと言えるでしょう。
例えば、ある企業が優待の条件として100単位以上と決めていたとします。
この場合、100単位持っていても1,000単位持っていても優待は同じですから、少額で取引をしている個人投資家の方が有利になります。
投資する人がたくさんいれば、一気に売られる可能性を低くできます。そのために、価格が安定するというメリットがあります。
個人投資家は消費者であることも多いですから、企業から見れば出資者であり、かつお客さんであるという状況になります。
やはり出資した企業の商品を買った方が良いというインセンティブは誰にでも働くでしょう。
また、優待としてもらった商品やサービスを利用するでしょうから、宣伝広告の効果があるとも考えられますから、企業としてはいろいろなメリットがあります。
ほかにも、大口の投資をする機関投資家などの影響を小さくできるというメリットがあります。
これによって、買収防衛をしやすくなると考えられますから、キャッシュリッチな企業などにとっても魅力的な経営戦略だと考えられます。